アメリカンの彼と結婚までの軌跡

海外大好きミーハー女子

日本の結婚指輪とアメリカの結婚指輪の違い〜デザイン〜

f:id:panapuu:20180118224225p:plain

日本の結婚指輪とアメリカの結婚指輪の違い〜デザイン〜

 この前はアメリカと日本の婚約指輪の違いについてお伝えしました。今回は結婚指輪のデザインの違いについてお伝えしたいと思います。

 

 日本人が考える結婚指輪

日本人が考える結婚指輪といえば、これは一つしかありませんよね?シルバーで、細めのリングで二人ともお揃い。女性の方には小さな石がついているシンプルなこんな感じ。

f:id:panapuu:20180102114711j:plain

男の人が少し太めで女の人が少し細い。仕事中につけても違和感のないような指に馴染む結婚指輪。これを想像している人が多いはず。仕事中もプライベートの時間もずーっと外さない人が多いので傷がつきにくい、強靭なプラチナで指輪を作る人が日本では多いです。また、プラチナは色が変わらずメッキが剥げてもほとんど色が変わらないのが特徴です。シンプルで飽きのこないデザイン、質の良いものを長く使う。そんな思いが日本人らしいですね。

日本らしい、和風でシンプルだけど思いの強い指輪をお探しの方はこちらへ。

www.mokumeganeya.com

MOKUMEGANEYAです。日本らしいデザインと日本人だからこそ考えられるこのデザイン。和風でありながらもスタイリッシュで、二人の思いが詰まったオーダーメイドを作りたいのならこのサイトがオススメです。

f:id:panapuu:20180102124453p:plain

木箱の中の和柄リングピローがとても可愛いですよね。外国人の彼氏も喜ぶデザイン。飾っても可愛いので、私はこの木箱のデザインに惚れてしまいました。生涯保証もついているので安心です。Englishページもあるので彼とのぞいて見てください。

 

 

アメリカ人の考える結婚指輪

では、アメリカ人の考える結婚指輪とは?大きく違うのは男性の指輪。これを見てください。

f:id:panapuu:20180102121352j:plain

いやいやいや、何が何でも太すぎでしょwwと思うかもしれませんがこの画像のように男性の指輪がめちゃくちゃ太いんです。女の人は石で一周ぐるっと囲ってあるデザインのものが人気。あとはゴールドやシルバーと色は揃えるけれどデザインが夫婦で全然違ったりもします。夫婦でお揃いにあまりこだわらないことが多いです。お互いが自分の満足するデザインを選ぶ、そんな感じです。

ここは、ピンクゴールドからプラチナ、シルバーまでたくさんの種類の指輪の品揃えがあります。バンドの太さも選べるので、彼が太い指輪を好んでいるならここで見つかります。日本では男性の指輪でここまで幅が広いのはなかなか売っていないですよね。

E-Wedding Bands

f:id:panapuu:20180102122617p:plain

値段もお手頃価格。もちろん自分のお財布と相談しても色々選べるのでオススメです。

そして、アメリカの場合は女性が婚約指輪とともにいつも身につけるのが結婚指輪。重ね付けでより上品になるように婚約指輪とマッチするように選びます。

f:id:panapuu:20180102125106p:plain

このようにダイヤで一周キラキラした結婚指輪が人気。結婚指輪のことはmarriage bandと呼びます。

f:id:panapuu:20180102125602p:plain

このように婚約指輪と、結婚指輪を重ねてつけます。

f:id:panapuu:20180102125645p:plain

二つに分けるとこんな感じ。

www.overstock.com 画像はこのサイトからお借りしました。

 

最後に

今回見比べて見てお分りいただけたと思うのですが、男性の指輪の違い、女性の婚約指輪と結婚指輪の使い方の違いがあります。国際カップルだと文化が違い色々悩むこともあると思いますがお互いの納得できるような指輪を探せるように、祈っています。